おいしいお茶の淹れ方

色々なお茶の淹れ方

煎茶

  • 1.沸騰したお湯を茶碗に八分目まで注ぎ、冷まします。
  • 2.適量の茶葉を急須に入れます。5人で10グラム(家庭にある大さじ2杯分)
  • 3.湯冷ましした茶碗のお湯を急須に注ぎ、60秒位(深蒸し茶は30秒)
    お茶が浸出するのを待ちます。お湯の温度は、70℃を目安とします。
  • 4.少量ずつ茶碗に注ぎます。
    ※数人分注ぎ分ける時は、少量ずつ注ぎ分け味を均等にします。
  • 5.最後の一滴までしっかり注ぎ切るようにします。
    ※急須にお湯が残っていると、お茶の成分が浸出し、二、三煎目がまずくなります。
    ※二煎目はお湯を入れてから10秒くらい待ちます。
色々なお茶の淹れ方

玉露

  • 1.急須にお湯を入れて冷まします。(上茶で50℃、並茶で60℃)
  • 2.急須のお湯を茶碗に7分目(約20ml)ほど注ぎます。残ったお湯は捨てましょう。
    茶碗は玉露用の小さめなものを使用。
  • 3.お茶の葉を急須に注ぎます。
    ※3人で10グラム程度(家庭にある大さじで2杯分)
  • 4.冷ました茶碗のお湯を急須に注ぎ、2分位お茶が浸出するのを待ちます。
  • 5.茶碗に注ぐ分量は均等に、廻しつぎし、お茶は注ぎ切りましょう。
    おいしく味わえる温度は35から40℃位。
    二煎目は冷ましたお湯を入れてから30秒待ちます。
    ※急須にお湯が残っていると、お茶の成分が浸出し、二、三煎目がまずくなります。
    ※二煎目はお湯を入れてから10秒くらい待ちます。
色々なお茶の淹れ方

お茶の淹れ方標準表

茶種客人数お茶の量湯温湯量浸出時間
番茶5人15グラム(大さじ3)熱湯650cc15から30秒
ほうじ茶5人15グラム(大さじ3)熱湯650cc15から30秒
水出し煎茶-10から15グラム(大さじ軽3)冷水1000cc1から2時間
八女茶

お茶をおいしく味わうために

水質

水の良し悪しがお茶の味、香りなどに大きな影響が出ますので注意しましょう。

水道の水を使用する場合でも、一晩汲み置きした物を用いますと大変おいしくなります。

茶器にも気配りを

急須、茶碗は茶の香味に影響しますので、茶の種類に合ったものを選びます。

陶磁器製の物が良く、玉露には小さめの物を、煎茶・番茶・ほうじ茶の順に大き目の物を使用します。

夏など冷やして飲む時はガラス製もよいでしょう。

茶の量、湯の量

一人一回当たりのお茶の量は2gから3gぐらいが標準となりますが、おいしく飲むためにはお茶をたっぷり使うのがコツです。

お湯の量も、玉露では20ml、煎茶では60から90ml、番茶・ほうじ茶は130mlぐらいが適当です。

湯の温度

お茶をいれるときの湯の温度は、上質茶ほど低くするのがコツです。また、番茶やほうじ茶のように、かるい渋味や、こうばしい香りを 楽しむには熱湯を使ってさっと出す方がおいしく飲めます。

ぬるい湯で出す時も、一度必ず沸騰させることを忘れてはいけません。